個人的備忘録。

インフラSEの備忘録です。インフラ構築、ニュース、ネタをたらたらと書いていきます。。。

vMA5.1の構築

vSphere5.1でPowerChute Network Shutdown EnterpriseのインストールのためにはvMAが必要。vSphere5.1へPCNSを入れる前の準備として、下記を実施する必要がある。

 

 

vMA5.1のインストール手順 

  1. vMAのOVFテンプレートをVMwareのサイトからダウンロード
  2. OVFテンプレートをデプロイ
    【注意】
    このまま出来上がった仮想マシンを起動しようとすると、プロパティ「vami.netmask0.vSphere Management_Assistant_(vMA)」を初期化できません。ネットワーク「(任意のポートグループ名)」に、関連するネットワーク プロトコル プロファイルがありません。というエラーが発生して起動できないため、デプロイしたvMA仮想マシンの設定を下記のように変更
    [設定の編集]→[オプション]タブ→[vAppオプション]を無効化
    →[はい] ※警告が表示されるが無視する
    これで起動できるようになる!
  3. 仮想マシンを起動して、vSphere Clientのコンソールを立ち上げる
    ネットワーク設定画面になるので下記を設定をする
    2) Default Gateway
    3) Hostname
    4) DNS
    5) Proxy(任意)
    6) IP Address Allocation for eth0(IPv4のみでOK。IPv6は無効でも問題ない)
    の設定をして、
    1) Exit this programで抜ける
  4. パスワードの変更
    [Old Password]を求められるので、『vmw@re』と入力
     【注意】英語キーボードレイアウトになっているため、@は「Shift + 2」で入力
    [New Password]の入力を求められるので、任意の値を入力。
  5. タイムゾーンの設定
    セットアップが完了したら、青色の画面に遷移する。
    [Set Timezone (Current:UTC)]を選択して、任意のタイムゾーンに変更
    (例)日本なら、「5) Asia」→「19) Japan」→「1) Yes」を選択

 

 vMAのSSH設定

  1. vSphere Clientのコンソール画面を開く
  2. 青色の画面より、[Login]を選択してEnter
  3. ログイン画面より、
    ユーザー  : vi-admin
    パスワード : (vMA構築時に設定したパス)
    でログイン
  4. 下記コマンドを実行し、hosts.allowファイルを編集
    # sudo vi /etc/hosts.allow
  5. 最終行に、『sshd : ALL : ALLOW』を追記して保存
  6. 下記コマンドを実行し、sshdデーモンを再起動
    # sudo service sshd restart
  7. TeraTermでvMAへSSHアクセス確認(vi-adminでログイン)

 

vMAの構築が完了して、PCNSのインストール準備完了。

(参考)http://canucks.hatenablog.com/entry/2013/07/23/205129

広告を非表示にする