読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的備忘録。

インフラSEの備忘録です。インフラ構築、ニュース、ネタをたらたらと書いていきます。。。

OneDrive for Businessの要件および注意点

Office365 Microsoft

OneDrive for Businessの要件および注意点


1.ファイルのダウンロード、アップロードの転送速度

OneDrive for Businessのファイル転送速度はテストした結果下記の通りでした。(2014年12月19日時点)
 回線環境:FTTH 100Mbps
 アップロード:8Mbps
 ダウンロード:30Mbps
 ※1GBのファイルを転送場合、Upは約17分程度、Downは4分30秒程度かかる計算
導入時は利用環境のインターネット回線の速度にも要注意。(ADSLは厳しいかと。。。)

2.最大ファイルサイズについて

OneDrive上に保存できる1つのファイルに対する容量制限は2GBまで。
写真のRAW画像や、ビデオファイル等を扱う場合は厳しいことが想定される。

 

3.同期可能アイテム数について(保存可能ファイル数)

1ユーザーあたりのOneDriveに保存できるアイテムは、20,000アイテムまで。
ただし、PCからOneDriveを同期する場合は20,000アイテムだけど、Webブラウザから使用する場合は5,000アイテムまでという制約がある。
※1 5,000アイテムを超えると、WebブラウザからOneDriveに保存したアイテム一覧が表示されなくなる
※2 ちなみにアイテムとは、フォルダも1アイテムとしてカウント

 

【参考サイト】

OneDrive for Businessを介してSharePointライブラリをコンピューターに同期する際の制限事項
http://support.microsoft.com/kb/2933738/ja

OneDrive for Businessで扱っているアイテム数の確認方法
http://community.office365.com/ja-jp/f/323/t/230588.aspx

OneDriveとOneDrive (Impress)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20140811_661556.html

 


OneDrive for Businessは容量無制限と宣伝しててコレは良い!!って感じに見えますが、上記の通りの制限があるためバックアップやファイルサーバーの代替手段にはなりえないので、十分に注意しましょう。。。
それにしてもMicrosoft、宣伝がうまいよねぇ。。。