読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的備忘録。

インフラSEの備忘録です。インフラ構築、ニュース、ネタをたらたらと書いていきます。。。

VMware Data Protection 5.1のインストール&設定

VMware

vSphere5.1からの新バックアップソフト「VMware Data Protection 5.1」を導入。今回は、vSphere Essensials Plusライセンスでの導入。

 

【事前準備】

1.vCenterへの役割ロール設定

VDPを管理するvCenterへ、明示的に管理者ロールを追加する必要がある。

  1. vSphere Clientより、vCenterへ管理者でログイン
  2. [ホストおよびクラスタ]より、vCenterのルートを選択し、右クリックし、[権限の追加] を開く
  3. [ユーザーおよびグループ]欄の [追加] をクリック
  4. ドメインに、[ドメイン]、[サーバ]、[SYSTEM-DOMAIN]のいずれかを選択し、[追加] ボタンを押し、[OK]をクリック
  5. [割り当てられたロール]欄から、[システム管理者]を選択
  6. [子オブジェクトへの伝播]ボックスが選択されていることを確認し、[OK]をクリック

マニュアルではvSphere Web Clientでの設定方法となっていたが、vSphere Clientからやってみたが、問題なくできました。

(参考)

VMware vSphere Data Protection のリリース 5.1.1x および 5.1.2x 管理ガイド
http://www.vmware.com/files/jp/pdf/vdp_5.1.20_1-11-12_jp.pdf


2.内部DNSサーバーへのレコード追加

設定する内部DNSサーバーのレコードに、正引き、逆引きでのVMware Data Protectionの仮想マシンが名前引きできるように設定する。

ex. VMware Data Protectionアプライアンスの情報)
 ホスト名 : VDP01
 IPアドレス : 192.168.1.200
 ドメイン : test.local

  • 内部DNSへ追加すべきレコード
     正引きゾーン Aレコード VDP01 192.168.1.200
     逆引きゾーン PTRレコード 192.168.1.200 VDP01.test.local

 

VMware Data Protectionのインストール&設定】

  1. VMware社よりダウンロードしたOVFファイルをvSphere Clientからデプロイ
  2. デプロイした仮想マシンを起動し、下記URLへアクセス
  3. https://(IPアドレス):8543/vdp-configure/
     ユーザー:root
     Password:changeme
  4. ネットワーク設定
    IP、サブネット、デフォゲ、DNS、ホスト名、ドメイン名を入力
    DNSの名前引き(正引き、逆引き)ができないと、これ以降先に進めない。
  5. タイムゾーンの設定
     Asia/Tokyoを選択
  6. パスワードの設定
    9文字、大文字1つ以上、小文字1つ以上、数字1つ以上の要件が必要
    (9文字以上でも以下でもNG、@や!などの特殊文字もNG!!)
  7. vCenterの登録
    vCenterの管理者と接続情報を入力し、テスト接続が成功すればOK
    (上手くいかない場合は、【事前設定】の1.を再度試す)
  8. 完了、VDPの再起動
    VDPのストレージが遅いと再起動時にイニシャライズが実行される。そのため、かなり時間がかかるので、気長に待つべし。
    2TBのVDP、ストレージがTeraStaion5400rでやって、約1時間程度。。。
  9. vSphere Web Clientよりバックアップ設定
    vSphere Web ClientからしかVDPの設定ができない。
    ※ 従来のvSphere ClientではNGなので注意。