読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的備忘録。

インフラSEの備忘録です。インフラ構築、ニュース、ネタをたらたらと書いていきます。。。

Hyper-Vで仮想マシンが使用できるメモリサイズの確認

Hyper-Vホスト上でタスクマネージャーからメモリ使用量を確認して、まだメモリに空きがあると思っても、何故か仮想マシンが起動できないときがある。ホスト用のメモリが必要だったり、仮想マシンのオーバーヘッドによるもののせいであるとのこと。 また、タ…

CentOSのVMwareTools動作確認&停止時の起動設定

CentOSのVMware Toolsが起動していないために、Acronis Backup for VMware(旧vmProtect)が「この仮想コンピュータのスナップショットに不整合が生じている可能性があり、ソース ファイルの除外はサポートされません。」と怒られるトラブルがあったので、そ…

OneDrive for Businessの要件および注意点

OneDrive for Businessの要件および注意点 1.ファイルのダウンロード、アップロードの転送速度 OneDrive for Businessのファイル転送速度はテストした結果下記の通りでした。(2014年12月19日時点) 回線環境:FTTH 100Mbps アップロード:8Mbps ダウンロ…

Office365へのPowerShell接続手順

Office365のPowerShell接続方法は、何故かコロコロ変更があって、ネットで情報を探してもなかなかまとまった情報がないので、2014年12月15日現在の手順を掲載。 (参考サイト) 単一の Windows PowerShell ウィンドウで Office 365 に接続する 1.PowerShel…

Office365の全ユーザーパスワード無期限化スクリプト

Office365のパスワード無期限化設定は、その時点での無期限化設定です。ユーザーを新規作成したときは、再度無期限化の設定をしなけらばならず、常時運用している場合は面倒かつトラブルのもととなります。 そこで、全ユーザーのパスワード無期限化をPowerSh…

Office365 ユーザーパスワード無期限化設定

Office365のユーザーパスワードの有効期限は規定で90日と設定されており、管理者画面のGUIでは無期限化設定ができません。しかし、PowerShellを使ってOffice365へ接続し、無期限にすることができますので、その手順を掲載。 下記サイトを参考に、Office 365 …

YAMAHAルーターLuaスクリプトによる定期状態メール通知

Luaスクリプトの使えるYAMAHAルーターで、定期的なハードウェア状態のメール通知の設定手順を掲載。 Luaスクリプトを使ったYAMAHAルーターからのメール通知設定手順のおおまかな流れは、、、 Luaスクリプトを作成 作成したLuaスクリプトを、TFTPでルーターへ…

VMware Data Protection 5.1のインストール&設定

vSphere5.1からの新バックアップソフト「VMware Data Protection 5.1」を導入。今回は、vSphere Essensials Plusライセンスでの導入。 【事前準備】 1.vCenterへの役割ロール設定 VDPを管理するvCenterへ、明示的に管理者ロールを追加する必要がある。 vSp…

TeraStation 5400rとESXiの接続(iSCSI、NFS)

Buffalo TeraStation 5400rとESXi(vSphere5.1)のiSCSI接続をテスト。 http://buffalo.jp/product/hdd/pro-network/ts5400r/ このモデルはVMware Ready認証をもらっていないが、以前のTeraStaion ISではESX4.xと問題なくiSCSI接続ができていたので、大丈夫…

Deep Security 侵入防御テスト

Deep Security Virtual Applianceを使用しているが、侵入防御が本当に効いているかがわからない。そこで、テストウイルスであるeicarを利用しても引っかからない。どうしたものかと悩んでいたところで下記サポート情報を発見。 Deep Packet Inspection の動…

Deep Security Managerのデータベースインストール

Deep Securityを構築中。 Deep Security Managerのデータベースインストールでつまづいたので投稿。 今回はDeep Security Virtual Applianceを導入するために、vCenterとDeep Security Managerを同居する構成。 管理するESXの台数も少ないため、vCenterイン…

Deep Security Virtual Appliance インストール手順

Deep Security Virtual Appliance インストール手順 http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1097198.aspx?cm_re=Sup-_-ds-_-install_1_2 【vShield Manager5.1のデプロイ】 OVFテンプレートより、vShield Managerをシンプロビジョニングでデプロイ …

Office2013の文字入力が遅い(プチフリーズする)場合の対処法

Office2013のWordやExcelを使用していて、パソコンのスペックが低い場合などに、文字入力時に極端に遅くなる(プチフリーズする)現象が発生します。これは、MS様がAppleのUIに近づけようと頑張って付けた機能ですが、それが災いして発生するアホな現象です…

富士通サーバーへのvSphere5.xのインストール

富士通サーバー(PRIMERGY)へのESXi(vSphere)のインストールは、VMware社からダウンロードした純正メディアでインストールすると、富士通製保守ツール(ServerView Oparation Manager、ServerView RAID Manager)が正常に動作しない。 そのため、富士通か…

vSphereへのPowerChute Network Shutdown Enterprise 3.0.1のインストール

vSphere5.1へのPowerChute Network Shutdown Enterprise 3.0.1のインストール 先にvMAの構築をしてからこれを実施 (参考)http://canucks.hatenablog.com/entry/2013/07/23/202153 UPSのNetwork Management Cardの事前設定を実施 ネットワークの設定(IPア…

vMA5.1の構築

vSphere5.1でPowerChute Network Shutdown EnterpriseのインストールのためにはvMAが必要。vSphere5.1へPCNSを入れる前の準備として、下記を実施する必要がある。 vMA5.1のインストール手順 vMAのOVFテンプレートをVMwareのサイトからダウンロード OVFテンプ…

vSphere5.1へSSH接続

vSphere5.1へ、SSH接続させるための手順 vSphere5.1の黄色い画面より、F2を押して[System Customization]画面へ遷移 [Troubleshooting Options]を選択 [Enable SSH]を選択してEnterを押し、SSHを有効化 TeraTermよりvSphereへSSH接続【注意】SSH認証画面で、…