読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的備忘録。

インフラSEの備忘録です。インフラ構築、ニュース、ネタをたらたらと書いていきます。。。

Deep Security Managerのデータベースインストール

Deep Securityを構築中。

Deep Security Managerのデータベースインストールでつまづいたので投稿。

 

今回はDeep Security Virtual Applianceを導入するために、vCenterとDeep Security Managerを同居する構成。

管理するESXの台数も少ないため、vCenterインストール時に同時にインストールされた、有償版のDBではなく、無償のSQL Server Express 2008 R2に、別インスタンスを作成して利用することとする。(有償版はクソ高いし、組み込みのDBでインストールするとトレンドのサポートが受けれなくなるので仕方なく。。。)

SQL Server Express 2008 R2に、別インスタンスを作成する場合、インストールメディアが必要なので、MSのサイトから入手するところからスタート

 

SQL Server Express 2008 R2のインスタンス作成】

  1. SQL Server Express 2008 R2のダウンロード
    http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=26729
  2. ダウンロードしたセットアップファイルを実行
    [インストール] から、[新規インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します。] を選択
  3. インストールの種類より
    [新規インストールを実行するか共有機能を追加する] を選択し、[次へ]
  4. [ライセンス条項に同意する] にチェックをし、[次へ]
  5. 機能の選択より、すべての機能が選択されているのを確認し、[次へ]
  6. インスタンスの構成より、 [名前付きのインスタンス] に [dsm] と入力し、[次へ]
  7. サービスアカウントはデフォルトのまま、[次へ]
  8. 混合モードを選択し、saユーザーのパスワードを入力し、[次へ]
    ※ Windows認証モードはNG!!
  9. エラーレポートの送信は任意で選択して、[次へ]
  10. セットアップが実行され、完了します。

 

SQL Server ネットワークの設定】

  1. [スタート] ボタンより、[すべてのプログラム]
    → [Microsoft SQL Server 2008 R2] → [構成ツール]
    → [SQL Server 構成マネージャー] を起動
  2. [SQL Server のサービス] 内に、作成したインスタンスがあるかを確認
    SQL Server (DSM)などの項目があるはず。
  3. [SQL Server ネットワーク構成] → [DSMのプロトコル]より
    TCP/IPを「有効」に設定
  4. [SQL Server のサービス] に戻り、作成したインスタンスSQL Server (DSM))を再起動

 

【DeepSecurity用インスタンスのデータベースを作成】

sqlcmdコマンドにてデータベースへ接続する。
コマンドプロンプトを実行
 # >sqlcmd -U sa -P <saユーザーのパスワード> -S <IPアドレス\dsm>
  ※ <>は除いてください
  ※ インスタンス作成時に設定した、saパス、IP\インスタンス名を指定
[# >] から、 [# 1>] にカーソル列が変わるので、その状態で下記コマンドを実行
 # 1>create database dsm
 # 2>go
[# 1>] に戻ったら完了。
※ 間違った場合は [# 1>drop datebase dsm] で削除

 

【Deep Security Manager、Deep Security Relayのインストール】

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1097172.aspx?cm_re=Sup-_-ds-_-install_1_1

上記サイトを参照の上、Deep Security Managerのインストールを実施。

 

↓↓ SQL Serverのデータベースの指定方法 ↓↓ 

使用するデータベースの種類の指定で、[Microsoft SQL Server]を指定

 ホスト名:(データベースサーバーをインストールしたホスト名)

 データベース名:(作成したデータベース名を入力)

[詳細] ボタンより、[名前付きインスタンス] を選択し、インスタンス名を入力

f:id:Canucks:20130724164046p:plain

f:id:Canucks:20130724163856p:plain